本文へスキップ

高崎の歯科 内田デンタルは、痛くなく噛める入れ歯をご提供しています

    
ご予約は027‐322-5263 

入れ歯



入れ歯で困っていませんか?

高崎入れ歯
皆さん、入れ歯で美味しいお食事を食べていますか?

内田デンタルは、もともとは「内田歯科医院」という名称でした。 昭和4年に わたしの祖父が開設した診療所です。

祖父から父が引き継ぎましたが父は平成19年に急死してしまい、その後わたしが引き継ぎました。

歯科医院に通院されてくる患者さんの年齢層は、おおむね その先生と同年代の方が多くなります。父が亡くなった年齢は60代中盤でしたので、引継ぎ当初 患者さんもその年代の方が多かったです。

60代となると歯を喪失してくる年齢、いわば「入れ歯年齢」ですので、
入れ歯の患者さんがとても多い状態でした。

臨床例が少ない若い先生は入れ歯が苦手な場合が多いです。かくいう自分も、入れ歯の治療が苦手で引継ぎ当初非常に困りました。

父はかなり癖のある自己流の入れ歯を作成していまして、古い入れ歯を参考にする といったことも難しい状態でした。

ただ、患者さんは「入れ歯をつくって欲しい」「入れ歯がなおして欲しい」「入れ歯があたって痛い」といったかたちで日々来てしまいます。

入れ歯の治療は、型どり、噛み合わせ、向かい合った歯の状態、バネをかぶせる歯の形態などが総合的に絡み合い歯科治療のなかでも難易度が高い分野です。すぐに上手になるようなものではありません。


そこから数年間は、試行錯誤の繰り返し、勉強の日々となりました。良いものを追い求め 材料を変更したり、名医と呼ばれている先生の講習会に参加したり、 成書をもとにいろいろな方法を試してみたり 様々なことをしてみました。

習ったことを実践してみて、結果を確認しながら修正をする、の繰り返しでした。

そうこうして3〜4年経つうちに、患者さんから「今ままでの入れ歯で一番いいね」などと言っていただけるようになってきたのです。

自分でもだんだん「良い入れ歯になるから心配しないでくださいね。大丈夫ですよ」「この状態では、残念ですがこれが限界です」「この部分を修正すれば上手くいきますよ」などと 患者さんに言えるようになってきました。

今は良い・悪いも含めて、たいていのケースで治療結果が予測できます。

「痛い」「噛めまい」「合わない」「ゆるい」「初めて入れ歯をつくりたい」などのお悩みがありましたら、是非ご相談にいらしてください。

ブログより
入れ歯は日々勉強です
<診療紹介>入れ歯の型どり

高崎入れ歯











さて、以下は当院の入れ歯治療の流れです。
(「○回〜○回」は治療回数の目安です。)


高崎入れ歯
現在の状態を良く調べます。(通常1〜2回)

現在の状態のまま すぐに入れ歯を作成してもうまくいかないケースが多いです。
まずは、土手の状態、残っている歯の状態、かみ合わせの状態などを調べて不具合の原因を探ります。

                
高崎入れ歯
使用中の入れ歯を修理します。(通常1〜2回)

新しい入れ歯をつくる期間は最低でも1ヶ月ほどはかかりますので、今使用している入れ歯が不調になっている場合は、修理をおこないます。
                
高崎入れ歯
残存歯の治療、歯周病の治療
(状況に応じ、治療回数が異なります)


部分入れ歯の場合はどこかの歯にバネがかかります。無理なく入れ歯が入るようにバネの入る歯のかたちを整えます。被せ物をはずし、新しい入れ歯用に被せなおす場合もあります。
歯周病になってしまっている場合、その歯のままで入れ歯をつくってしまうと、後々に不具合がでることがありますので歯周病の治療もおこないます。


                
高崎入れ歯
入れ歯の噛み合わせラインを修正します(残存歯の治療、歯周病の治療 と同時におこなうことが多いです)

入れ歯作成には、治療の目安となるお顔の基準平面があり、その平面とかみ合わせのラインが合ってっていると左右の歯にかかる力が均等になり 噛みやすく、外れにくい入れ歯 となります。

ですので、そのように噛み合わせラインを整えていきます。(入れ歯の不具合がある場合、かみ合わせラインが合ってない場合がかなり多いです。)

なお、少数歯の部分入れ歯、多数歯の部分入れ歯、総入れ歯、など 入れ歯によって適している噛み合わせが異なります。そこで、その入れ歯によって一番合う噛み合わせにしていきます
                
高崎歯科
既成トレーによる型どり(1回)

既成の大きさのトレーを用いておおまかな型をとり、オーダーメイドのトレーを作ります。

 
                       
高崎歯科
オーダーメイドトレーによる2回目の型どり(1回)

入れ歯用の精密な型どりを行います。シリコン印象材 と コンパウンド印象材 という2種の精密材料を用いています。
                       
高崎歯科
入れ歯の高さの測定(通常1回)

咬合床という入れ歯の高さ測定装置をつくり噛み合わせの高さを測定します。
                       
高崎歯科
入れ歯の試し入れ(通常1回)

入れ歯が完成する一歩手前の段階(ロー義歯)という状態です。この段階で一度試し入れをおこないます。
                      
高崎
入れ歯の完成

出来上がりです。入念に調整し、問題がないことを確認したのちにお渡します。
                      
高崎 入れ歯
調整(通常4〜5回)

新しい入れ歯を使用していると、あたりがでてくる場合があります。調整してあたりを取り除き、なじませていきます。
                      
高崎
メンテナンス

1ヶ月〜半年の間隔でメンテナンスをおこなっていきます。



現在、金属床義歯、コンフォート義歯、保険義歯、磁石義歯、ノンクラスプ義歯など 5種類の入れ歯を作成しています。


高崎 入れ歯高崎高崎
<金属床義歯>
フレームに金属(チタン)を用いていますので、薄く仕上がります
。その結果、装着感が良くなり壊れにくくなります。熱伝導の伝わり方が自然になるため、暖かいもの、冷たいものなどの感覚がわかるようになり、食事が美味しくなります。予算に都合がつくのであれば、1番おすすめの入れ歯です。 価格 \270.000(税別)




高崎コンフォート高崎歯科高崎
<コンフォート義歯>
粘膜面に特殊シリコン
を貼り付けることにより、強い力で噛んでも痛くなりません。ハグキが敏感でどのような入れ歯をいれても痛くなってしまう方。

下の入れ歯で土手が減ってしまって強い力で噛めない方などに適しています。
製作工程が複雑なことと、毎日のお手入れが必要なのがネックです。

下記URLはコンフォートを作成している技工所(Bitec Global Gloop)のHPです。
http://www.bitecglobal.com/index.htmld
価格 ¥320.000(税別)



高崎 義歯高崎 義歯高崎
<磁石義歯>
磁力により、入れ歯が落ちなくなります。
バネがなくなるため残りの歯への負担が減少し、見た目もすっきりとします。残存歯がある場合、おすすめの方法です。金属床義歯に組み合わせて使用します。
価格 1組¥35.000(税別:義歯本体の料金は別途必要です)

<価格例>¥240.000 (金属床義歯の値段)+  1組¥35.000(キーパーと磁性体で1組)
                               ⇒¥275.000(税別)




総義歯総入れ歯高崎<保険義歯>
通常の保険の入れ歯です。保険の場合での上記の治療の流れにありますように、必要な手順を省かずにつくっていますので、満足できる仕上がりになります。


                \通常の保険診療の金額




高崎 歯科高崎歯科高崎
<ノンクラスプ義歯>
バネの部分に金具を使わない入れ歯です。
通常の入れ歯より柔らかいプラスチックをもちいています。適応症があり適しているケースでのみ作成可能です。

価格 ¥200.000(税別)





<各入れ歯について>
当院で扱っている入れ歯には、金属床、コンフォート、など様々なタイプがあります。
金属床義歯は、フレームにチタンを用いています。薄く・軽く仕上がりますので装着感がよく、発音もしやすくなります。プラスチックとくらべて熱の伝わり方が自然になるため、食べ物も美味しく感じられます。

コンフォート義歯入れ歯の粘膜面に特殊なシリコンが貼ってある入れ歯です。入れ歯のあたる粘膜(ハグキ)が弱く、どんな入れ歯をいれても痛みがでてしまう方には この入れ歯が良いかと思います。欠点としては、プラスチック+シリコンという構成ですので厚くなってしまいますので、やや装着感に難があります。

磁石義歯は、残っている歯がある場合に可能です。歯と入れ歯に磁石をつけて入れ歯を落ちにくくします。通常の入れ歯と異なりバネがないため、見た目が良いです。また、残りの歯へ無理な力がかからないので歯の寿命も延びます。

保険義歯は、通常の保険診療で作成できる入れ歯です。保険と自費の違いは材料にあります。保険の入れ歯はプラスチックが材料ですので、厚くなってしまいます。自費と比べるとどうしても性能面では若干劣ってしまいます。ただ、当院は保険診療がメインです。入れ歯作成の手順は保険・自費とも同じ手順でおこなっています。

ノンクラスプ義歯は、通常より柔らかいプラスチックを用いてバネをハグキと同じ色にする入れ歯です。耐久性がないのが問題(2〜3年で壊れてしまうことがあります)なのですが、見た目は非常によくなります。また、適応症があり適しているケースでのみ作成可能です。

なお、各入れ歯の不明点などがある場合は、お気軽に「メールフォーム」よりお問い合わせください。


<入れ歯比較表> 
   食事の快適性   発音のしやすさ 残りの歯へのやさしさ   見た目  痛みの出にくさ  耐久性
 金属床義歯 ★★★ ★★★ ★★ ★★★
 コンフォート ★★ ★★ ★★ ★★★
 磁石義歯 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
 保険義歯
 ノンクラスプ ★★★





<こんな症状のときは、こう解決しています>

「入れ歯がゆるい」  床粘膜面の張替え、もしくは 新義歯を作成しています。 
 「入れ歯が痛い」  まずは、ハグキに食い込んでいるところを調整します。その後 床粘膜面の張替え、もしくは 新義歯を作成しています。
 「入れ歯でうまく噛めない」  噛み合わせがおかしくなっている場合が多いので、まずは噛み合わせを調整します。
 「入れ歯の歯がとれた」  その場の修理でなおします
 「入れ歯が割れた」  その場の修理でなおします
 「入れ歯を紛失した」  古い入れ歯がありましたらお持ちください。いったん改造して対応し、新しい入れ歯をつくっていきます。
                   etc

上記以外の症状がある場合は、お気軽に「メールフォーム」よりお問い合わせください。





入れ歯ならバイテック


高崎歯科 新患






高崎歯科 苦しくなったら
高崎歯科 「知りたい」







ご予約は 027-322-5263

<診療時間>
午前 9:00〜13:00
午後 2:30〜 6:30

(土は午前のみ)

<休診日>
日・祝
水 不定休



高崎歯科 「ブログ」






  Uchida Dental Office
内田デンタルオフィス

   〒370-0059
  群馬県 高崎市 椿町46
   


審美歯科ネット